Home

Springer Nature Applied SciencesのTopical Collection “Molecular Robotics” について

印刷

Springer Nature Applied SciencesのTopical Collection "Molecular Robotics"を6/1より開始することになりました.
本TCでは,分子ロボティクスに関係があれば,どのようなトピックの論文でも受け付けております.

論文フォーマットは,Research Articles, Short Communications, そしてCase Studiesの3つを用意し,理論,実装,応用,シミュレーション,ELSIなど,様々な内容の投稿を歓迎いたします.
当TCは無期限の常時開設セクションとなります.学生さんの卒論の出版などにも,ぜひご活用ください.
詳細は下記URL,及びPDFをご参照ください.

URL: https://www.springer.com/snas

PDF

また,ご興味の有りそうな方がいらっしゃいましたら,ぜひ周知していただけると幸いです.
このTCを使うことで,今後もこのコミュニティの活動を盛り上げていくことができればと思います.

もし何かご質問等ございましたら,お気軽に浜田までお問い合わせください.

浜田省吾(コーネル大学)

e-mail: hamada [at] cornell.edu

 

第4回分子ロボティクス年次大会開催のお知らせ

印刷

今年度も分子ロボティクスに関する研究発表の場として,第 4 回分子ロボティクス年次大会を開催いたします.関係者の発表申込と参加をお待ちしています.

参加登録・発表登録,および感染症対策を考慮した上での開催の形式については,8月頃にアナウンスする予定です.

■日時: 2020年11月8日 (日),  9日 (月)
■場所: 慶應義塾大学 矢上キャンパス (東急東横線・目黒線 日吉駅 徒歩15分程度)
    (住所:〒223-8522 神奈川県横浜市港北区日吉3-14-1)
     https://www.keio.ac.jp/ja/maps/yagami.html
■主催: 計測自動制御学会 システム情報部門 知能分子ロボティクス調査研究会(主査 堀 豊)
■ 開催形式: インターネットによるストリーミング配信を並行して実施することを検討しています.
■分子ロボット倫理に関するシンポジウムの併催も検討を進めております.

なお,大会前日の11月7日(土)午後には,上記の場所においてBIOMOD JAPAN 2020の開催を予定しておりますので,ご興味がある方はご予定いただければ幸いです.

◯第4回分子ロボティクス年次大会
大会実行委員長:堀 豊(慶應義塾大学)
プログラム担当:川又生吹(東北大学)
会計担当:佐藤 佑介 (東北大学)
会場担当:藤原 慶(慶應義塾大学),石川 大輔(東京工業大学)
広報担当:庄司 観(長岡技術科学大学)

◯お問い合わせ
実行委員長 堀 豊(慶應義塾大学)
メール: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

 


1 / 7 ページ

 

このページは
分子ロボティクス研究会
の公式ウェブサイトです.

SICE(計測自動制御学会)
の調査研究会として活動しています.